iPhone_sdk_daizen_0.jpg

年末に予約をしておいた『iPhone SDKプログラミング大全
』が留守中に届いていました。

“自作アプリをApp Storeで世界に向けて販売できる!!”、という副題がついているとおり、これからiPhone向けのアプリを開発し、App Storeで公開したいと思っているひとを対象としたガイドです。

著者は、『駅端』『大辞泉』『Orb Clock』などの開発で知られるHMDTの木下誠氏。

iPhoneアプリ開発の第一人者が、アプリ開発の全般について体系的にまとめたガイドです。

iPhone SDK プログラミング大全』 目次:

第1章 iPhone SDK で開発を始める前に
第2章 Objective-C 基礎講座
第3章 プログラミングガイド システム編
第4章 プログラミングガイド ユーザーインターフェイス編
第5章 プログラミングガイド ネットワーク編
第6章 プログラミングガイドメ メディア編

プログラミングの経験は必要ですが、iPhoneというプラットフォーム、iPhone SDKの知識が無いひとが始めるのに必要な情報が全て揃っています。

豊富なイラストと具体的な例を使った解説で、高度なプログラミング知識を持っていなくても、無理なく読み進むことができると思います。

iPhone_sdk_daizen_1.jpg

前半でアプリケーション開発の基本となる部分をカバーし、後半で実践的な内容に入っていきます。

特に第4章(ユーザーインターフェイス編)は、iPhoneアプリ特有の情報が豊富に収録され、読んでいるだけでワクワクしてしまいました。

各所にサンプル・コードが提示されているので、実際にコーディングをする際の参考になりそうです。

iPhone_sdk_daizen_2.jpg

NDAの解除以来、iPhoneアプリ開発についての情報がWeb上でも見つけられるようになりましたが、体系的にまとめられていること、第一人者による執筆で内容が信頼できることから、このようなガイドは貴重な存在だと思います。

“今年こそiPhoneアプリを作るぞ!”という目標を立てた方には、まずはこの本からスタートすることをオススメします。

製品名 iPhone SDKプログラミング大全
出版社 アスキー・メディアワークス
価格 2,835円(税込)