2008_Q4_financial_1.jpg

アップルが2008年10-12月期(アップルの会計年度で第1四半期)の決済を発表

iPhoneの2008年の年間販売台数が目標の1,000万台を大きく上回る、1,370万台に達したとことを明らかにしています。

今四半期のiPhone 3Gの販売台数は4,363,000で、iPhone 2Gを販売していた前年同期に比べ88%の増加を記録しています。

iPhoneの売り上げを26億ドルとしているため、単純に販売台数で割ると、1台あたり約595ドル(約5万4千円)となることも興味深い点です。

下のグラフはこれまでアップルが発表してきた、四半期ごとのiPhone(2G&3G)をまとめたものです。iPhone 3Gの発売された7月を含む2008年7-9月期が突出しているものの、その後も販売が好調なことを示しています。

2008_Q4_financial_0.jpg

iPhoneの販売台数は、2Gと3Gを合わせると1,700万台を超えるとみられます。

これに、同じくApp Storeが使えるiPod touch(販売台数の資料無し)が加わると、膨大なユーザーベースを持つソフト販売マーケットがこの半年で誕生したことになります。

ソフトウェア開発者にとっては、App Storeはまさにフロンティアなのかもしれません。