charger_broke_1.jpg”金属部分が外れる”危険性があるとして、アップルが「超コンパクトUSB電源アダプタ交換プログラム」を行っていますが、実際に壊れた写真がMac Rumorsの掲示板に掲載されていました。

この「超コンパクトUSB電源アダプタ」の不具合は、iPhone 3Gに付属しているものおよび単体で販売されていたものに起きる可能性があり、金属部分がはずれてソケット(コンセント)に残ったままになるとのことです。

今回掲示板に投稿したiPhone 3Gユーザの場合、壁のコンセントではなく電源タップを使用していたようで、その写真も公開されています(暗くてみにくいですが)。

charger_broke_2.jpg

これを無理やりペンチで抜こうとすると、本当に感電の危険があり、素人が手を出すべきものではありません。万一このような状況に陥った場合は、Appleのサポートへ電話しましょう。

アップルは、交換プログラム発表の時点で、”人体危害が加わった例は無い”としていますが、今回の写真はその一歩手前まできています。

”どうせ壊れないだろう”、とたかをくくって使用を続けている人は、直ちに使用を中止するようにしましょう。