new_touch_bluetooth.png

第2世代のiPod touchの中に、Bluetooth に対応したチップが発見されたようです。[via: iFixit.com]

アップル製品のパーツや、バッテリーの交換キットなどを販売する iFixit.com が、発表されたばかりの新iPod touchを分解し発見したもので、Broadcom社の「BCM4325」が使われているとのことです。

BCM4325.png

このチップのスペックによると、

  • 2.4GHz 802.11a/b/g
  • Bluetooth 2.1 + EDR
  • FM Receiver
  • A2DP Stereo Sound

などに対応しているようです。

あくまでチップ自体の機能であり、実際に機能するには、新iPod touchのハードがそれらを活用出来るように設計されていること、Appleがソフト的にサポートすること、が必要となります。

先日の発表の際には全く触れられませんでしたが、Nike+への対応よりもBluetoothへの対応を待ち望むユーザも多いはずです。

ハード的に使用可能であること、また、Appleが今後機能を有効にしてくれることを期待したいところです。