RulerPhone

「iPhone を定規にする」という謳い文句のアプリはいくつも存在しますが、画面に表示された定規を使うというだけなので、せいぜい7~8センチ程度までの小さなものしか測ることができません。

今日のアプリ『RulerPhone』は、ユニークな方法を使って、iPhone の画面よりも大きなものでも測ることができるユーティリティです。

RulerPhoneサイズを判りやすくするために、比較対象としてタバコの箱や500円硬貨などを並べてた写真をみかけることがあると思います。

RulerPhone』はそれと同じ原理を使い、大きさを測りたいものとクレジットカードを並べて写真を撮り、カードのサイズから大きさを測定するという仕組みを採用しています。

外出先などで手元に定規やメジャーが無いようなときでも、財布に必ず1枚は入っているクレジットカード(または同サイズのカード)を使って、iPhone で簡単に大きさを測ることができます。

アプリを立ち上げると、毎回 Instructions(使用方法)が英語で表示されますが、手順は至ってシンプルなので読み飛ばしても問題ありません。

Start”ボタンを押して実際の撮影・測定に移ります。

app_util_rulerphone_1.jpgクレジットカードまたは同じ大きさのカードを測りたいものの横にカードが真正面になるように並べます。カードの面が真正面を向いていれば、縦でも横でも斜めでも構いません。

目標物とカードが画面に収まるように調節し、”カメラのアイコン”を押して撮影します。

app_util_rulerphone_2.jpgAlign Your Card Here”と書かれた青い長方形が表示されてるので、ピンチイン・アウトおよびドラッグをして、画像内のカードとピッタリ重なるようにします。

撮影したカードが縦や斜めの場合は、この青い長方形を回転させて重ねて下さい。

app_util_rulerphone_3.jpgピッタリと重なったら、”Lock Card”ボタンを押してロックします。これにより画像内の縮尺が確定します。

app_util_rulerphone_4.jpg画面を指でなぞると、縦・横・斜めを自由に変更できるルーラー(ものさし)が表示されます。

ルーラーを目標物のに合わせて縮尺させると、画面上部に長さ(フィート・インチ単位)で表示されます。

app_util_rulerphone_5.jpg

今回は1.5リットルのペットボトル(約31 センチ)を測定してみました。結果は、

1フィート0.4 インチ = 12.4 インチ = 31.496 センチ

となりました。誤差はあるものの、用途によっては十分使える精度ではないでしょうか?

残念な点はメートル法に対応していないところです。アップデートに期待しつつ、それまでは単位変換アプリ等を使う必要があります。

アイデアがユニークなだけでなく、ルーラーのユーザインターフェイスも良く考えられている、実用性を重視したアプリという印象を持ちました。

タイトル RulerPhone icon
カテゴリ App Store > ユーティリティ
開発 Ben Camens
対応機種 iPhone・iPod touch(カメラロール内の写真で使用可)
価格 350 円 レーティング ★★★★☆