iphone3g_battery_life_0.jpg

iPhone 3G カタログによると、連続通話と3Gでのインターネットがそれぞれ5時間、ビデオ再生7時間、音楽再生24時間、連続待ちうけが300時間できる、となっています。(それぞれ最大値)

しかしながら、”バッテリーの減りが思ったよりもはやい”、というユーザが多いようです。

そこで、「うっかり充電するのを忘れた」、「外出中で充電ができない」、「単に使いすぎて帰宅まで持ちそうにない」、といった場合に役に立つと思われる、”iPhone 3G のバッテリーを長持ちさせる方法”、をまとめてみました。

 

1. Wi-Fi を オフ にする

check mail自宅・または公衆のアクセスポイントを使わない時は、「設定」>「Wi-Fi」、でオフにしておきます。

エリアにもよりますが、Wi-Fi は建物内や衛星の補足ができない場合にGPSの補助的をする役割があります。位置情報を取得しない場合はオフにしておきましょう。

 

2. Bluetooth を オフ にしておく

Bluetooth

Bluetooth は、ワイヤレスでの通話を可能にする機能です。ワイヤレス・ヘッドセットを使わない場合は オフ にしておきます。

オン・オフは画面右上のバッテリーメーターの横にアイコンで確認できます。

 

3. バックライトの明るさを調節する

バックライトiPhone 3G の中で最も電力を消費する部品のひとつが液晶のバックライトです。

「設定」>「明るさ」で、できるかぎり暗い設定にし、「明るさの自動調節」をオンにしておきます。

 

4. 自動ロックの設定を短くする

バックライト「設定」>「一般」>「自動ロック」、を出来る限り短くします。電池を最大限に節約するためには、「1分」の設定がお勧めです。 

 

5. 使わないときはロックする習慣をつける

「自動ロック」を設定していても、使っていないときに画面が点灯しているのは電力のムダです。

使用しないときや、鞄やポケットに入れる前などは、スリープ ボタンでロックする習慣をつけておきましょう。

 

6. 機内モードを使う

機内モード電波の圏外にいると、基地局を探すために余計に電力を消費します。

電話の機能が使えなくなりますが、地下または圏外だと分かっている場所では、機内モードにしておくとバッテリーを節約できます。(再度オンにするのを忘れないこと)

 

7. 位置情報サービスを オフ にしておく

位置情報サービス「マップ」などの位置情報を使うアプリは、情報取得のために電力を使います。

使わないと分かっている場合は、オフにしておくことで電力の節約が期待できます。

 

8. イコライザを オフ にする

機内モード音楽を再生する際に好みの音質に変えられるイコライザー機能も、オフにしておくとバッテリーの節約になります。

「設定」>「iPod」>「イコライザ」、でオフにできます。

  

9. プッシュサービスをオフにする

バックライト

Exchange、MobileMe, Yahoo! (米)のプッシュサービスは便利な機能ですが、データが逐一データ通信が行われるため、必要のない場合はオフにしましょう。

「設定」>「データ取得の方法」>「プッシュ」、でオフにできます。 

 

10. フェッチの間隔をあける、または手動にする

定期的なデータの確認・フェッチは電力を消費します。

「設定」>「データ取得の方法」>「フェッチ」、でフェッチの間隔あけて頻度を下げるか、可能であれば手動に設定します。

 

11. サードパーティアプリの使用を控える

App Store で入手できるサードパーティ製アプリには、画面を明るくしたり、位置情報を取得したりするものがあります。

必要の無い場合なるべく使わないようにしましょう。

 


12. よく使うアプリをホームスクリーンにまとめる

まとめるアイコンが複数ページにまたがる場合は、使う頻度の高いアイコンをホームスクリーンにまとめましょう。

ページ送りしてアイコンを探すというムダがなくなり、バッテリーの節約につながります。

 


13. iPhone 3G を適温に保つ

tempアップルによると、温度が0℃から35℃の間が適温とのことです。冬の寒い日などは、上着の外側より内側のポケットのほうが効率よく電池を使うことができます。

逆に暑い日には、iPhone 3G から出る熱を逃がすように心がけます。厚手のシリコンジャケットをしたままでの連続使用や充電は注意しましょう。

また、直射日光の当たる場所や車の中などに放置すると、バッテリーそのものの寿命が短くなるので、絶対にやめましょう。

 

14. 最新のファームウェアにアップデートしておく

updateファームウェアのアップデートの中には処理の効率化や、バッテリー管理の改良が含まれているかもしれません。

常に最新のファームウェアにアップデートしておきましょう。

 

15. バッテリーのメンテナンスを行う

バッテリーバッテリーのコンディションは充電できる電力量に影響します。最低1ヶ月に1回は、「完全放電->フル充電」を行うようにします。

 

まとめ

多少面倒なものも含まれていますが、組み合わせて使うことで、トータルでは大きな節電効果があり、より iPhone 3G の駆動時間を長くできると思います。

【Source】 iPhone Batteries

おすすめ記事iPhone・iPod touch用バッテリー関連製品のレビュー