mcafee_0.png

PC用ウイルス対策ソフトで知られるマカフィー社が、iPhone・iPod touch 向けのアプリを開発。そのベータ版(Poc)が流失した模様。(ソース:TUAW

流出した『Stinger』と呼ばれるアプリは当初、”マカフィー社製を装ったアプリ”とされていましたが、その後マカフィー社広報によって、”実はマカフィー内で開発された”ものだったことが判明したとのことです。

アプリを入手し実際に走らせてみましたが、かなり製品化に近いところまできている印象を受けました。

mcafee_1.png

スキャン中の画面。本当にウイルスの検出を行っているか不明ですが、フルスキャンが40秒ほどで終了しました。


mcafee_3.png

スキャンレポートの画面。ウイルスは発見されませんでした。

mcafee_2.png

iPhone・iPod touch のセキュリティー・ホール(脆弱性)は現在までに複数発見されており、悪意を持ったソフトが出現する危険性、及びそれに対するセキュリティー・ソリューションの必要性が説かれていました。

モバイル・プラットフォーム向けとしては、マカフィー社に加えてシマンテック社が「Windows Mobile」用のアンチウイルス・ソフトウェアを提供しており、表面化していないものの、シマンテック社の動きも気になるところです。