6月9日からの「WWDC」で発表されると噂されていた『3G iPhone』の発売が、予想より早まるかもしれません。

2008-05-12_1707.png

米アップルストア(オンライン)での現行 iPhone の出荷ステータスが、”Currently Unavailable”となっており、販売が停止されています。

以前から、”iPhone の在庫が底をつき始めている”、との噂はありましたが、いよいよ現行モデルの販売を停止し、3G iPhone の販売への準備段階に入った可能性があります。

前にもお伝えしたとおり、3G対応は iPhone の日本発売の前提条件となっており、発表と同時に日本市場投入が現実的になるため注目されています。 

アップルが 3G iPhone 発表前にあえて販売を停止するのは、発売までの一定の凍結期間を置くことで、直前に旧型(現行機種)を購入したユーザからの不満の声を抑える狙いがあるのかもしれません。

とはいうものの、WWDC まであと3週間もあるうえ、販売停止期間中は売上が上がらないことを考えると、この1,2週間中にも発売が開始されてもおかしくありません。

しばらくは目が離せない状態が続きそうですね。