Microsoft looks to cash in on the iPhone (iPhoneで金儲けを目指すマイクロソフト)

For a little more than a week, a team of the company’s Silicon Valley software engineers has been examining the iPhone software development kit (SDK for short), a set of tools Apple released this month that let outsiders build software for the iPhone and the iPod touch. Microsoft executives aren’t sure yet whether they’ll find worthwhile opportunities to sell iPhone software – but they seem eager to find out.

シリコンバレーで働く(マイクロソフトの)ソフトウェアエンジニアのチームが、1週間以上前からiPhoneのSDK(サードパーティ向けにアップルがリリースした、iPhone・iPod touchのための開発キット)を検証している。マイクロソフトの上層部は、iPhone向けアプリケーションの販売に意味があるかどうか結論に達していないが、その答えを探すことに躍起になっている。

“It’s really important for us to understand what we can bring to the iPhone,” Tom Gibbons, corporate vice president of Microsoft’s Specialized Devices and Applications Group, told Fortune on Monday. “To the extent that Mac Office customers have functionality that they need in that environment, we’re actually in the process of trying to understand that now.”

月曜日、マイクソフト社スペシャライズド・デバイス アンド アプリケーション・グループ コーポレイト・バイスプレジデントのTom Gibbonsは、”iPhoneにどのようなものを提供できるかを知ることがとても大事だ”、とフォーチュンに対して語った。”Mac Office ユーザーが必要な機能、という点において現在検討しているところだ”

For more than a decade, Microsoft has maintained a group of engineers whose sole job is to develop software for Apple’s Macintosh operating systems. Most of the engineers in Microsoft’s Mac Business Unit are based in Mountain View, Calif., a few miles from Apple’s headquarters.

マイクソフトは10年以上に渡り、Mac OS向けのソフト開発だけをするエンジニアのグループを抱えている。同社の”Mac Business Unit”に属するほとんどのエンジニアは、アップル社の本社からほんの少し離れただけオフィスに勤めている。

With the Mac Business Unit, Microsoft has long prided itself on having one of the largest groups of Mac developers outside of Apple. With that expertise in Mac software, and knowledge of the Microsoft Exchange protocols the iPhone will use for business e-mail, the chances are good that Microsoft will be able to develop extra iPhone goodies.

 “Mac Business Unit”をもつマイクロソフトは、アップル社以外で最も大きなMac開発者集団を擁する会社のひとつとしての自信を持っている。Macに関する経験とMS Exchangeプロトコルの知識を合わせれば、マイクソフトがiPhone向けの製品を開発できる可能性はある。


マイクロソフト社は長年、”Windows CE/Mobile”でスマートフォン市場向けビジネス展開しています。今回のインタビューでは可能性を示唆するにとどまっているものの、同市場でのライバルともいえるiPhone OSに対する発言としては、かなり前向きなのではないでしょうか。

先日のSDKの発表を見ると、Mac OSとiPhone OSの違いは、”Cocoa Touch”と呼ばれるユーザインターフェイスが主で、その部分を書き換えれば、Office Macをスケールダウンしポーティングすることも可能なのでは、と考えてしまいます。