伊勢志摩経済新聞の”志摩でiPod touchを無料レンタル-「賢島全島無線LAN計画」で”という記事より。

iseshima.png

志摩地域高度情報化推進協議会(志摩市阿児町賢島、通称=SURF)とグローブ・データ(同)は3月27日~29日の3日間、賢島でiPod touchやSkypePhoneの無料貸し出しを行う。

「賢島」では、FREESPOTの協力で周囲約7.5キロの全島を無線LANでカバーしているそうです。

無料レンタルは本日から3日間だけなのが残念ですが、既にiPod touchを持っている方は賢島全島でWi-Fiが使えるとことを覚えておくといいかもしれません。

記事では触れられていませんが、iPod touchに最適化された観光案内コンテンツなどが用意されていると島内を散策する際に便利そうです。

さらに妄想を膨らますと、擬似GPS機能でiPod touchを地図代わりに使えるようになると、初めての土地でも迷わずに済みます。(SkyHook社のデータ収集を待たなければいけないのがネックですが)

そのように考えると観光地などで、

  • 周辺全体を無線エリアLAN化
  • GPSによる地図と連動した観光情報コンテンツ
  • Wi-Fi対応端末のレンタル

をセットで提供する、というのも観光客へのサービスになるのではないでしょうか?

UIが直感的なiPod touchは初めて触れる場合でも使いやすくレンタル向きですし、価格が安いFONのルータを使えば導入コストも低く抑えられそうですね。