株式会社駅前探険倶楽部が、公式SDKを利用したNative(ネイティブ)アプリ 「駅探エクスプレス iPod touch版」の開発を行うことを発表しました。(プレスリリース)

同社駅探ラボからデモ映像が公開されています。

既に駅探ラボからは、iPhone・iPod touchに対応した乗り換え案内・時刻表のWebアプリが公開されています。

今回のデモ動画をみる限り、ネイティブアプリ版では機能やインターフェイスが大幅に改善されているようです。

特に、キーボードで駅名を入力している最中にリアルタイムで候補となる駅が絞り込まれていく機能はとても便利なのではないでしょうか?

反応速度からすると駅名のリストはローカルに保存されているとおもわれます。時刻表のデータもすべてもアプリ内に保持され、オフラインでも使えると魅力的な製品となりそうです。

アップルによるiPhone(iPod touch)公式SDKの発表後に公開が予定されている注目のアプリケーションには、クウジット株式会社の「PlaceEngine クライアント」などがあります。

またひとつ、アップルによるSDK発表(現地時間3月6日、日本時間3月7日)の楽しみが増えるニュースとなりました。

本サイトでもSDKのリリース情報をいち早くお届けする予定ですのでご期待ください。