先日のアナウンスの通り、米アップル社は日本時間の本日午前3時より”iPhone Software Roadmap”を開催、iPhoneのSDK(ソフトウェア開発キット)についての発表を行いました。

iPhone_sdk_1.jpg

Engadget がイベント会場よりライブで詳細な情報を提供しています。(写真:Engadet より引用)

最初に取り上げられたのは、iPhoneのEnterprize(企業)内顧客をターゲットにした機能の強化です。

 

企業のiPhone採用を後押しする機能を多数追加

次期ソフトウェアアップデートでiPhoneに以下の機能を追加すると発表しました。

  • Push email
  • Push calendar
  • Push contacts
  • Global address list
  • Remote wipe
  • Cisco IPsec VPN
  • Certificates and Identities
  • WPA2 / 802.1x
  • Enforced security Policies
  • Device configuration

”Remote wipe”は、デバイスの紛失・盗難時の情報漏洩を防ぐための機能で、サーバー側(管理者側)からEchangeと同期しているiPhone内の情報を消去、ロックすることのようです。

 

ActiveSync と MS Exchangeに対応

アップルはマイクロソフトよりデバイスの同期を取る”Active Sync”のライセンス提供を受け、iPhoneをExchange サーバーに対応させます。

上記リスト内で”push xxx”と書かれている機能で、サーバー側の情報更新がクライアント(この場合はiPhone)へ自動的にアップデートされるというものです。

iPhoneにインストールされている、メール、連絡先、カレンダーのアプリがExchangeサーバーと同期を取り、データを更新することができるようになります。

 

1,000万台出荷に不可欠

昨年発表後、iPhoneは”仕事向きではない”と批評を目にすることが多くありました。

今回のExchange対応とセキュリティの強化は、アップルが本腰を入れて”企業向け”のマーケットを取りに行く構えを見せた証拠といえます。

日本国内ではスマートフォンの普及が始まったばかりといった状況ですが、訪米では既に企業向けのマーケットが確立しています。

年内にiPhoneの1000万台出荷を目指すアップルとしては、是非確保したいマーケットセグメントではないでしょうか。