一時は忘れ去られつつあったプラネタリウムですが、メガスターや『癒し』を背景に数年前からブームが再燃しているそうです。

それに目をつけたセガトイズの「家庭用プラネタリウム・ホームスター」が品薄になるほど売れたこともありましたね。

今日のアプリ、”Starry Night“はプラネタリウムを「iPod touch」で再現するWebアプリです。

OSXの人気ウィジェットなのでご存知の方も多いでしょう。ネイティブアプリのような操作感は無いものの、膨大な惑星・恒星データベースを使って描かれる画像とてもキレイです。残念ながら名称はすべて英語です。

現在の星空だけでなく、過去のさかのぼることもできます。また、昼の空を選ぶこともできます。

ネイティブアプリ化してオフラインで動くものが出ると、もっと実用的になりますね。

 

タイトル: Starry Night
ジャンル: Utility
タイプ: Web アプリ

ソース: http://www.space.com/snserver/iphone/

立ち上げ後はまず “i” ボタンを押して現在地を指定します。国内の主要な都市は登録されているようで、入力すると認識されます。
app_util_starrynight1.png

ズームして行くと、通常は見えないような小さな星もみえるようになります。
app_util_starrynight2.png昼間の時間を指定したところ。
app_util_starrynight3.png