Student’s Ad Gets a Remake, and Makes the Big Time

New York Times によると、イギリスにすむ18歳の学生がyouTubeにアップロードした”iPod touchのCM”をアップルが採用することが決まった、とのこと。

“… A television commercial for the new iPod Touch from Apple, scheduled to begin running on Sunday, 10-28 is being created by the longtime Apple agency, TBWA/Chiat/Day. It is based on a commercial that an 18-year-old English student and Apple devotee named Nick Haley…”

10月28日から放送されるiPod touch のCMは、古くからアップルの広告を担当してきた広告エージェント”TBWA/Chiat/Day”によるものだ。このCMは、Nick Haley というイギリスに住むAppleファンの18歳の学生がつくった作品をもとにしている。

“… His spot offers a fast-paced tour of the abilities of the iPod Touch, set to a song titled “Music Is My Hot, Hot Sex” by a Brazilian band, CSS…. Mr. Haley said he was inspired to make the commercial by a lyric in the song, “My music is where I’d like you to touch.”…”

彼の”作品”は、ブラジルのバンド・Cansei de Ser Sexy(CSS)のタイトル”Music is My Hot, Hot Sex“にのせて、iPod touch の機能をアップテンポで紹介する。かれは、この曲の歌詞、”My music is where I’d like you to touch”(私の音楽はあなたにTouchして欲しい場所にある)からアイデアをもらったという。

“… As of Thursday, Mr. Haley’s spot has been viewed 2,131 times on Among the viewers were marketing employees at Apple in Cupertino, Calif., who asked staff members on the Apple account at TBWA/Chiat/Day to get in touch with Mr. Haley about producing a professional version of the commercial …”

YouTube上の彼の作品は2,131の”Viewed”カウントを集め、そのうちのひとりだったApple社のマーケティング社員が広告エージェントにMr Haleyの作品を使ったCMを作成するように依頼した。